So-net無料ブログ作成
検索選択

3拍子 [音楽]

ポップスの影響なのか、3拍子系の曲が2拍子系にかえられることがよくあるようだ。

韓国でよく耳にするアリランも、かつては3拍子系だったのが最近はもっぱら2拍子系が多いと言われるし、この間、よくみてるドラマの劇中で、Happy Birthday to You が手拍子つきで2拍子系で歌われてた。
(ちなみに、韓国ではこの歌を、日本語に直訳すると「生日祝賀いたします」となる、「センイルチュッカハムニダー (생일 축하합니다)」という歌詞で歌います。初めて知った時は、フランス人がこの曲を"Joyeux anniversaire"とフランス語で歌うと知った時の衝撃とまぬけ感に近いものを感じました。)

東京に帰ってきて、ふと入った喫茶店。
「クラシック」の「名曲」をポップス風にアレンジしたアルバムがBGMでかかっていた。店主と客の会話を盗み聞くに、いわゆる「癒し系」らしいのだが、どの曲も脳内でもとの曲が再生されてぜんぜん癒されずにもだえていると、とつぜん、4拍子にアレンジされた「アルビノーニのアダージョ」が耳に飛び込んできた。
あぁ きもちわるい…

ポップスを聞きなれてないから耳がないだけなのかもしれないけれど、どうもこの手の音楽は、アレンジによって曲がぜんぶ均質に、平板になってしまうように感じる。残念なことだ。

そういえば、昔、まじめに音楽を勉強していた頃、「日本人は、西洋人と違って騎馬民族じゃないから3拍子が苦手だ」とかいう怪しい説をよく耳にしたが、その世界の人々は、いまだにそんなことを言ってるんだろうか。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

ぱぐなり

騎馬民族関係ないでしょう ^_^;; 現代の演奏家は、「騎馬民族」でも3拍子が上手に演奏できない人たくさんいるじゃない...
よく知らないけど、2の冪乗拍子(2,4,8,16...)に完全に飼いならされてる耳には3拍子系がどうにも田舎っぽく、ないし、落ち着かないものになるんでしょうかね?アルビノーニのアダージョなんて、映画音楽に使われて、カラヤンのCDで有名になって「イージーリスニング」の極みを行ってたはずなのに、それも3拍子ではもはや受容されないということでしょうかね。
by ぱぐなり (2007-05-18 23:08) 

わたし

2拍子と3拍子の話じゃないけれど、今朝、私もちょっと気になることがあったんだ。毎朝、WQXRというクラシックFMを目覚まし代わりにセットしているんだけれど、今朝のは不思議なアレンジで、色々な曲がつながっていて、気持ちが悪かった。

多分、私には理解できないつながりを元に(?)構成していたのかもしれないけれど、そのつながり具合が気になって、「やめてー!」と思うような朝。耳の後ろの方で、普通に流れているのが好きでかけているのにどうしてそんなことするんだろう。

「どうして」といえば、日系の本屋さんに行くと、どうしていつも歌謡曲が掛かっているのかすごく気になる。ついでに、どうしてやたらと「ジュピター」をアレンジするのか、すごーく、すごーく気になるんだけど。
by わたし (2007-05-24 00:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。