So-net無料ブログ作成

もやし [雑感]

お昼に昨晩の残りの酢の効いたもやしのナムルを食べていて、また父を思い出した。


去年の8月末から9月前半、連れ合いの出張中に、だいぶお腹の大きくなっていた私は、数日、義姉のところに世話になったあと、実家に居候していた。母も海外出張でいなくなり、父と二人暮しの生活は、気楽でもあったが、いらいらすることも多く、私は決して父に優しくなかった。

かなり前に私が家を出てから、両親のところでは父が料理をすることも多く、特に父が退職をしてからはネットでレシピを見つけてきてはちょっと凝った料理をするのがひとつの生活の楽しみになっていた。私が居候している間も、今思えば体調はかなり悪化していたはずなのに、身重の娘を気遣って、毎晩のように料理をしてくれた。

父はその日もネットでレシピをみつけてきて、もやしのレモンサラダというのをつくるのだ、と言い出した。ところが、もう夜もかなり遅くなっているのに、レシピ初盤の「できればひげ根をとる」から始めたものだから、私はすっかり機嫌を悪くしてしまった。ひげ根をとるというのは、いろんなレシピに「食感も味も全然違うのでぜひやりましょう」と書いてあるが、繊細さのかける私にはちっとも「全然違う」が実感できない。それに、普通にやるとものすごく時間のかかる作業である。韓国のドラマを見てると、主婦が家事をしているシーンとしてよくもやしのひげ根とりが出てくるくらいだ。そんなわけで、遅くなってひげ根を取り始めた父に、空腹の私はすっかり腹を立ててしまって、ずいぶん冷たい態度をとってしまった。

完成したもやしのレモンサラダは、量はちょっとしかなかったけど、さわやかな味を父は気に入ったようで、次の日もまたもやしサラダを作り出した。私は呆れて見ていたけれども、思い返すと、ぷんぷん腹を立てていないで、ひげ根の一つでもとってあげればよかったと思う。



総じてこの居候の時のことには、後悔が多い。
あれが最後だと知っていたら、もっと一緒にテレビを見て、父さんの批評を聞いてあげるんだった。音楽番組を見ながら朗々と歌うのに合わせて一緒に歌ってあげるんだった。父さんが読んでいる文書についてもっと話を聞いて、一緒に読むんだった。ブログの作り方をもっと丁寧に教えてあげるんだった。動画の作り方をもっと優しく教えてあげるんだった。一緒に買物に行っておいしいものをたくさん作ってあげるんだった。いびきがひどいからと他の部屋に逃げるんじゃなくて、一緒の部屋で寝てあげるんだった。買い物に出かけたのに、ずいぶんたって手ぶらで帰ってきた時に、「途中で気持ち悪くなったから」という理由をもっと真剣に思いやってあげるんだった。
なのに私は、反抗期の中学生みたいにパソコンや携帯に向かってばかりで、時には父への愚痴を延々と連れ合いに送信していたりすらした。




きのうのもやしはもちろんひげ根もなんもついてたけど、今度作るときはひげ根をとってみようか。ね、父さん。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。