So-net無料ブログ作成
検索選択

つながる--セルのシベリウス2番 [音楽]

1970年、大阪万博の年には多くの有名音楽家が来日した。中でもジョージ・セル率いるクリーブランド管弦楽団の東京公演でのシベリウス2番は名演の誉れ高く、CDが出たときには早速購入して涙し、その場に居合わせることのできなかった我が身の不運を嘆いたりもした。
今でも大好きな録音の一つで、スピーカーを通してでも触れられることに感謝している。


ライヴ・イン・東京 1970

ライヴ・イン・東京 1970

  • アーティスト: セル(ジョージ),ウェーバー,モーツァルト,シベリウス,ベルリオーズ,クリーヴランド管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 2001/01/11
  • メディア: CD

 ~ ~ ~

父が亡くなってから、彼が書き遺したものを少しずつ読んでいる。書き散らかした文章もいろいろあるのだけれども、こどもとしては、やはり一番個人的な日記とメールが、恐怖もありつつも、関心があって、まずはそのへんを読んでいる。

その1976年10月31日の日記に、こう書いてあった。

帰宅後、テレビにて Colin Davisが Boston Symphony Orchestraを指揮してシベリウスが第二交響曲を演ずるを見る。……この夜の演奏会大いに興趣を感ず。蓋しこの曲特に思い出づることあればなり。かつて1970年、われ東京に帰りてありし年、George Sell Cleaveland Orchestraを率い、Pierre Boulez を客演指揮者に伴ひて日本に来る。われ Boulez が指揮せる演奏会を聴くことを得たれど、その後、京都に在りし友人夫妻と共に日本海を経て九州に至るドライブ旅行の約あれば、Sellが演奏会を聴くことあたはざりき。しかるに、鳥取辺りの海辺を走る車中にてカー・ラジオを点ずれば、Sellが奏でるシベリウス第二交響曲の響きわたれり。これわが忘れえざる最大の音楽の喜びの瞬間の一なりき。
ブーレーズ指揮の演奏会で、演奏が終わって一番にセルが立ち上がって拍手したこととかは直接聞いていたけれども、このカーラジオの話は、聞いたことがなかったか、忘れてしまっていた。

ラジオ、録音、日記。いくつものメディアを媒介して、父さんと私がつながって、この演奏はまた一段と私にとって大切なものになった。

Figlio dormi [音楽]

Giovanni Girolamo Kapsperger (Johann Hieronymus Kapsberger)
   
1
Figlio dormi dormi figlio
China’l ciglio
Caro figlio
Ricciutello della mãma
Del mio petto dolce fiamma
Mio bambino piccinino
Fà la nanna fà la ninna figlio
Ninna la nanna ninna nanna
Amoroso mio tesoro
Ninna la nanna ninna nanna
Dolce e vago ricciutello
Vezzosetto vago e bello.
1
眠れぼうや ぼうや眠れ
まつげを伏せて
かわいいぼうや
母さんの巻き毛ちゃん
わが胸の甘い炎よ
私のちっちゃな赤ちゃん
ねんねしな ねんねしな ぼうや
ねんねんころりんねんころりん
愛しい私の宝物
ねんねんころりんねんころりん
愛しいみやびな巻き毛ちゃん
みやびなきれいなかわいこちゃん
2
Chiama’l sonno frena il pianto
Nel mio canto
Dolce figlio
Lagrimuccie deh cessate
E nel sonno vi frenate.
Mio bambino piccinino
Fà la nanna fà la ninna figlio
Ninna la nanna ninna nanna
Lagrimuccie perle elette
Ninna la nanna ninna nanna
Su le guancie alabastrine
Margarite peregrine.
2
眠りよおいで 涙よおさまれ
私の歌で
愛しいぼうや
涙ちゃん どうかとまって
眠りの中でおさまって
私のちっちゃな赤ちゃん
ねんねしな ねんねしな ぼうや
ねんねんころりんねんころりん
選り抜きの真珠の涙ちゃん
ねんねんころりんねんころりん
アラバスターのほっぺの上の
とびきりの真珠よ
3
Luci vaghe luci belle
Vive stelle
Del mio figlio
Non più crude al sonno omài
Serenate i vostri rai
Mio bambino piccinino
Fà la nanna fà la ninna figlio
Ninna la nanna ninna nanna
Pupilluccie lusinghiere
Ninna la nanna ninna nanna
Pupilluccie ritrosette
Ritrosuccie pupillette.
3
みやびな眼(光)よ きれいな眼(光)よ
輝く星よ
私のぼうやの
もう眠りに抵抗するのはやめて
静まって 君のまなざし(光線)よ
私のちっちゃな赤ちゃん
ねんねしな ねんねしな ぼうや
ねんねんころりんねんころりん
ごきげんのひとみちゃん
ねんねんころりんねんころりん
かたくななひとみちゃん
大切ながんこちゃん
4
Sguardi amati dolci sguardi
Vivi dardi
Del mio figlio
Voi col pianto mi piagate
E nel sonno mi beate
Mio bambino piccinino
Fà la nanna fà la ninna figlio
Ninna la nanna ninna nanna
Tirannucci miei bramati
Ninna la nanna ninna nanna
Deh chiudetevi innocenti
Tirannucci miei cocenti.
4
愛するまなざしよ 愛しいまなざしよ
き生きとしたまなざし(矢)よ
私のぼうやの
君たちは涙で私を傷つけ
眠りの中で私を喜ばせるの
私のちっちゃな赤ちゃん
ねんねしな ねんねしな ぼうや
ねんねんころりんねんころりん
私のほしがりの暴君ちゃん
ねんねんころりんねんころりん
ああ 閉じてちょうだい いい子
私の焼けつくような暴君ちゃん
5
Ecco il sonno che l’assale.
Spiega l’ale
Su’l mio figlio
Dolce sonno à te si spetta
Tu lo stringi tu l’alletta
Mio bambino piccinino
Fà la nanna fà la ninna figlio
Ninna la nanna ninna nanna
Lusingatelo ò miei canti
Ninna la nanna ninna nanna
Mio dolcissimo ristoro
Mio ricchissimo tesoro.
5
さあ ぼうやを襲う眠りだよ
翼を広げて
私のぼうやの上に
甘い眠りよ お前を待っているの
彼を絡めとって 彼を誘って
私のちっちゃな赤ちゃん
ねんねしな ねんねしな ぼうや
ねんねんころりんねんころりん
彼を喜ばせて ああ私の歌よ
ねんねんころりんねんころりん
私のもっとも甘い安らぎよ
私のもっとも価値のある宝物よ

sta 'nfronte a te! [音楽]

2週間ほど前のこと。いつものように寝る前にアイボウと二人、布団に入って、思い思いに本やらパソコンを広げていた時、ふっと O sole mio の一節が浮かんできて口ずさんだ。

アイボウに「なにそれ? Rosenkavalier?」といわれてしまい、「違うよ、O sole mio ...」といいわけしてみる。

そこで何を思ったか、アイボウが iTunesで O sole mio 聞き比べを開始する。Di Stefano, Wunderlich ...
Di Stefano も大好きなのだが、アイボウは Accordone 即ち Marco Beasley の O sole mio が大好き(というかマネしたがっている)

ところが、その時、ちょうど iTunes の調子が悪く、各曲数秒〜30秒程度しか聞けない状態だった。というのも、数日前、掃除中に私が音楽ファイルが全て入っているハードディスクの電源を誤って抜いてしまい、ライブラリファイルの再構築がまだうまくいっていなかったのである。

そこで、Accordone のサイトや Myspace のページで O sole mio のクリップを流してたのを思い出して、 http://www.accordone.it を開いてみる。

News の文字が目に付くので、もともとの目的をおいて、とりあえずお知らせを確認してみることにした。すると、
ACCORDONE is proud to announce La Tentazione del Male, the new composition by Guido Morini on a text by Marco Beasley. It will be performed as an absolute premiére at the Salzburger Festspiele next May 30th. in the Mozarteum.
ふーん。

ん?

5月30日?



ねえねえ、ぱぐちゃん、アコルドネが5月30日にザルツブルクでコンサートやるらしいよ。
ふーん。

え?5月30日ってザルツブルク行く日じゃなかったっけ?

そう!そうなのよ!

続きを読む


やはりそんなものだったか [音楽]

ターフェルクラヴィーア
我が家にターフェルクラヴィーアがやってきた。
とツレアイが書いてから1ヶ月ほど経つ。
その間、自分たちで出来る小さな分解・サビ取りなどは試みたが、どうしてもアクションが引き出せない。「家具」としてなされたらしい全面ニス塗りが可動部分をフレームにがっちり固定してしまっている上に、道具がないとどうも取り出せそうもないのである。
加えて正しいチューニングハンマーがないので、調律も出来ない。

情報を求めてインターネットアンティークピアノやその部品を扱っている会社のサイトをみていたら、ディーラーの中にマインツの大手ピアノディーラーであるアレクサンダー・ムジークがあがっていて、「修復請負」のマークもついているのを見つけた。

あんまり期待は出来なかったけれど、とりあえず聞くだけでも、とアレクサンダー・ムジークを訪ねてみると、立派なショールームの大きな机に座った秘書が親切に相手をしてくれた。幸い、英語で話が出来たので、変な相談で申し訳ないのだけれども、と断った上で、状態の悪いターフェルクラヴィーアを入手したこと、大して価値はないと思うけれどもすこしでも状態を改善できたらと思うこと、作成したメーカーについてわかることがあれば知りたいことなどを説明してみた。彼女はとっても親切で、技術者は専門家であり、ターフェルクラヴィーアについてもよく知っているし、どのくらい価値のある楽器か、どういう修理がいくらくらいで行えるか詳しく説明してくれるという。もし修理を行うことになれば初回の見積もりは無料であり、行わないことになっても最大50ユーロ程度。英語もしゃべってくれるという。

そんなわけで、50ユーロなら、まあドブに捨ててもいいかなと思い、お互いの都合を相談して、2週間先くらいに予約をとった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

拾い物 [音楽]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

かまげん! [音楽]

IMGP0080.jpg春だ。

朝方、窓を開けると春の香り。

ケナリはもう盛りが過ぎ、意外と多い桜も早いものは散り、遅いものは満開。桃も山吹も梅もなにもかも咲き、欅も銀杏もすずかけもみな芽吹き、一歩外に踏み出せば、うきうきせずにはいられない。



そんなわけで、気分は Come again!

Come again, sweet love doth now invite
Thy graces that refrain, to do me due delight
To see, to hear, to touch, to kiss, to die
With thee again in sweetest sympathy

戻ってきて。甘い愛が呼んでるよ
消えてしまったきみの気持ちを。ぼくを喜ばせて
きみとあって、聞いて、触って、くちづけして、果てて
たまらないほど同じ気持ちになって、もう一度

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

李明博ロゴソング [音楽]

やっぱり改めてあまりに衝撃的なので、韓国語勉強がてら、ちょっと歌詞の意味とか調べてみました。

ちなみに、李明博を支持しているわけではまったくないので、ご了承ください。
厳しくみると、著作権侵害になるのかもしれませんが、韓国社会のレポートということで、とりあえず載せてみます。韓国語の力が低いので、誤訳もあるとおもいますが。

1曲目 이명박 무릎팍송 「李明博 ムルッパッソング」

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

クララまたはマーシャの夢 [音楽]

ソウルは、まだいろとりどりの木々は楽しめるけれど、先週あたりが紅葉の盛りで、急速に冬に向かっている。今日はとうとうウールのコートを出した。

先週、うちのわりと近くにある現代デパート(ヒョンデペックァジョム)に行ってみたら、入り口はすっかりクリスマスの飾り付けで、どういうわけか、大量の巨大なクルミ割り人形がディスプレイされていた。
街のあちこちにも、強烈なイルミネーションが出現し始めた。東京もそうだったけれど、LEDの普及のせいか、もともと悪趣味なのか、ほんとうに最近のイルミネーションはえげつないし、あまりにはやいんじゃない?と思うけれども、スクルージやオスカーのようにクリスマスが嫌いというわけでもないので、それなりに浮かれた気分になったりする。

そんなわけで、朝、バスに揺られながらiPodで「くるみ割り人形」を選曲してみる。チャイコフスキーは大好きな作曲家の一人だけれども、くるみ割り人形はやはりその中でもとりわけ好きな作品の一つだ。中学生の頃、一時期バレエにはまっていたせいもあるだろうけど、一曲一曲、その場面の情景がまざまざと思い浮かび、リズムに、メロディにあわせてこころもからだも動いてしまう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3拍子 [音楽]

ポップスの影響なのか、3拍子系の曲が2拍子系にかえられることがよくあるようだ。

韓国でよく耳にするアリランも、かつては3拍子系だったのが最近はもっぱら2拍子系が多いと言われるし、この間、よくみてるドラマの劇中で、Happy Birthday to You が手拍子つきで2拍子系で歌われてた。
(ちなみに、韓国ではこの歌を、日本語に直訳すると「生日祝賀いたします」となる、「センイルチュッカハムニダー (생일 축하합니다)」という歌詞で歌います。初めて知った時は、フランス人がこの曲を"Joyeux anniversaire"とフランス語で歌うと知った時の衝撃とまぬけ感に近いものを感じました。)

東京に帰ってきて、ふと入った喫茶店。
「クラシック」の「名曲」をポップス風にアレンジしたアルバムがBGMでかかっていた。店主と客の会話を盗み聞くに、いわゆる「癒し系」らしいのだが、どの曲も脳内でもとの曲が再生されてぜんぜん癒されずにもだえていると、とつぜん、4拍子にアレンジされた「アルビノーニのアダージョ」が耳に飛び込んできた。
あぁ きもちわるい…

ポップスを聞きなれてないから耳がないだけなのかもしれないけれど、どうもこの手の音楽は、アレンジによって曲がぜんぶ均質に、平板になってしまうように感じる。残念なことだ。

そういえば、昔、まじめに音楽を勉強していた頃、「日本人は、西洋人と違って騎馬民族じゃないから3拍子が苦手だ」とかいう怪しい説をよく耳にしたが、その世界の人々は、いまだにそんなことを言ってるんだろうか。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Kroke [音楽]

iTuneをシャッフルでかけていたら、KrokeのTrioがかかった。
http://info.hmv.co.jp/p/t/320/483.html

このアルバムは、ポーランドの旧都、クラコフのユダヤ博物館を訪れた時に、ショップでおすすめのCDを尋ねて買ったもの。Krokeとはイディッシュでクラコフの意味だそうで、地元バンドだからおすすめなのかなと思って買ったのだが、聴いてみるとクオリティがすごく高くて濃くて衝撃的な演奏だった。

その時はぜんぜん知らなかったのだが、実はその方面ではそれなりに有名なバンドだったらしい。クレズマーがすごいのかと思ってその後、東京のCD屋で少ないラインナップからいくつかほかのバンドのものも買ってみたけど、Krokeのがいちばんぐっとくる演奏だった。

私にとってはこういうところに音楽の本質があるんだなあと思う。土臭いほどにねっとりとうたいあげるメロディと、リズム遊び。独断だけれども、18世紀初めくらいまでの音楽のありかたは、いわゆる現在の「クラシック」よりもこういうところに生き続けているのではないかと感じるし、「クラシック」から遡及した、かさかさの古楽演奏なんてくそくらえと思う。

ネットサーフィンしたら、YouTubeに動画があった。最近はドラムを入れてカルテットになったらしい(http://en.wikipedia.org/wiki/Kroke)。

http://www.youtube.com/watch?v=3nmKa0h5vKU
http://www.youtube.com/watch?v=Or9fLSTwIYY

でもドラムが入る前の方が良かったなあ。リズムがつまらなくなった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

飛翔 [音楽]

1月はかなりうつ気味で過ごしてしまった
飛びたい!と、シューマンの飛翔(幻想小曲集)を練習してみる

墜落してばかりで我ながら聞くに堪えない演奏ながら(近所の皆さんごめんなさい)シューマンのユーモアや歌心にすこし元気になる
すらすら弾けるなら、ほんとうは1曲目の「夕べに」とか終曲の「歌の終わり」も弾きまくりたかったのだが、風邪気味のぼーっとした頭ではぜんぜん弾けなかった(飛翔は昔わりと練習したので体がそれなりに覚えているようだ)

小さなピアノが欲しい……(10度の和音とか届かないので)


nice!(0)  コメント(0) 

Sting Dowlandをうたう [音楽]

もっぱらラジオはBBC Radio 3なんですが、先週のEarly Music ShowであのStingがあのDowlandを歌うライブが放送されたことを遅ればせながら知りました。
http://www.bbc.co.uk/radio3/earlymusicshow/pip/2eueb/ (2006.10.14まで聞けます)

時流に乗り遅れてますがCDも出てたんですね(CD屋に足を運んでいないことがばれます)

ラビリンス

ラビリンス


「クラシックの歌い方は知らないけど、歌の歌い方、パッションの歌い方は知ってるからね」
(上記ラジオ番組のインタビューで)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

CDの山 [音楽]

うちの相棒には収集癖がある

対象は辞書、CD、万年筆、コンピューター(および関連用品)、楽器など…

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

音楽家の経歴 [音楽]

友達の出演するアマチュアオーケストラコンサートにでかけた

B5版、表紙裏表紙いれて4ページのプログラム。
あけてみると、驚くことに、一番スペースを取っている内容が、指揮者の経歴だった

続きを読む


ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。